全国高校総体女子団体組手二連覇達成!!

 この度、令和元年8月8日(木)から11日(日)まで第46回全国高等学校空手道選手権大会(感動は無限大 南部九州総体2019)が21世紀の森体育館(沖縄県名護市)で行われました。

 8日の開会式では、前年度女子総合優勝校として先頭で入場行進をしました。大会では、御西チームが一丸となり女子学校対抗総合優勝、女子団体組手優勝(二連覇・5回目)、女子個人組手3位(岡崎愛佳・3年)、男子団体組手3位、男子個人組手5位(石川一茶・2年)と健闘しました。

 応援してくださった方々に感謝し、今後も指導者、部員ともども精進してまいります。本当にありがとうございました。

<大会結果>

女子学校対抗総合 優勝

女子団体組手   優勝(二連覇・5回目)

倉井凜(3年)岡﨑愛佳(3年)山田都妃(3年)福島愛理(3年)

推比乃咲瑠(3年)斉藤小茉理(2年)福元結衣子(2年)

女子個人組手   3位(岡崎愛佳・3年)

男子団体組手   3位

出羽遼太郎(3年)鈴木康介(3年)亭嶋飛龍(3年)西口裕哉(3年)
酒井壮一朗(3年)石川一茶(2年)山口聖也(2年)

男子個人組手   5位(石川一茶・2年)

山口インターハイ男女総合成績準優勝!

<静岡新聞掲載記事>

2016年08月03日10時42分50秒0001

「2016 情熱疾走 中国総体」平成28年度全国高等学校総合体育大会、第43回全国高等学校空手道選手権大会が7月30日から8月2日まで山口県ながと総合体育館にて行われました。

1インハイ

選手たちは、開会式で、静岡県代表として堂々とした行進を見せてくれました。また、連続出場校表彰では、全国高校総体30年連続出場の表彰を受け、初代監督、現学校長の菊池基先生が代表で賞をいただきました。

4入場5入場6表彰

大会では部員全員が一丸となって戦い、男子団体組手準優勝、男子学校対抗準優勝、女子団体組手準優勝、女子学校対抗準優勝という結果を収めました。皆様の応援に心より感謝申し上げます。ありがとうございました。今後も指導者、部員一同、更なる高みを目指して、精進致します。

<大会結果>

<男子学校対抗総合成績> 優勝

<男子団体組手> 準優勝

<男子個人形> 第5位 萩原啓斗(3年)

10萩原

<女子学校対抗総合成績> 優勝

<女子団体組手> 準優勝

<女子個人組手> 第5位 伊藤いぶき(3年)

13いぶき

         第5位 角 優里(3年)

14角

男子個人形  内田智晴(3年)3回戦進出

9内田

男子個人組手 本池頼樹(3年)3回戦進出

12本池

       田村 仁(3年)2回戦進出

11仁

女子個人形  山田瑞稀(2年)3回戦進出

8山田

<男子団体組手結果詳細>

1回戦 シード

2回戦 御殿場西(4‐0)松商学園(長野)

3回戦 御殿場西(3‐0)県立生駒(奈良)

4回戦 御殿場西(2‐2内容)拓殖大学紅陵(千葉)

準決勝 御殿場西(1‐0)横浜創学館(神奈川)

決勝戦 御殿場西(0‐3)浪速(大阪)

16男子松商戦18男子生駒戦20男子紅陵戦22男子創学戦 24男子浪速戦

<女子団体組手結果詳細>

1回戦 シード

2回戦 御殿場西(5‐0)おかやま山陽(岡山)

3回戦 御殿場西(3‐0)九州学院(熊本)

4回戦 御殿場西(3‐1)宮崎第一(宮崎)

準決勝 御殿場西(1-1代表戦)華頂女子(京都)

決勝戦 御殿場西(1‐2)日本航空(山梨)

15女子おかやま戦17女子九学戦19女子宮一戦21女子華頂戦23女子航空戦

26応援27男子挨拶28女子挨拶30集合

 

優勝祝賀会!

_MG_0888

9月22日(日)さわやかな秋晴れとなったこの日、

平成25年度全国高校総体空手道競技優勝祝賀会が開催されました。

会場となった御殿場高原ホテルには、静岡県体育協会長、静岡県空手道連盟会長をはじめとする大勢の来賓の方々にご来場いただきました。また、昭和63年度から昨年度にわたる卒業生たちや保護者もかけつけ、総勢200名を超える人々で盛大な会となりました。

終始笑顔の絶えない楽しい時間の中、アトラクションでは全国総体での様子を動画やインタビューで振り返って感動の涙を流す場面もあり、思い出深いものとなりました。

空手道部代表挨拶 空手道部長 菊池 基

_MG_0190

 

挨拶をする 女子主将 宮沢瑠伊

_MG_0225

歓談のひとコマ

_MG_0420

 

_MG_0509

_MG_0479

閉会の挨拶をする 空手道部監督 細矢真人

_MG_0709

たくさんの笑顔に囲まれ、部員たちは、いつも応援してくださる方々、支えてくださる方々にあらためて感謝の思いを深めると共に、また新たな目標に向かって頑張る決意を固めました。

これからも、部のシンボルの富士山のように、強く美しい部となるよう頑張ります。

 

インターハイ優勝の裏側で!

IMG_1581sin

この度、インターハイにて女子団体組手で全国優勝を達成しました。そして、その裏側では、様々な物語がありました。今回はそれを紹介したいと思います。

日々の活動の中で、部員たちは頂点を獲る力をつけるため、努力してきました。目標の全国制覇に向かって、支え合い、励まし合い、全員で実力をつけていったのです。

大会期間中は、皆、一生懸命にそれぞれの役割を果たしてくれました。出場した選手たちは、全員で練習してきたことをコート上で発揮し、応援や係りの仕事に回った部員も、全力で取り組んでくれました。大会に臨む前から何度もミーティングを繰り返して意思統一を図り、自分たちは何をすべきか考えて行動していました。

IMG_1469

IMG_1433

また、大会第二日目に敗退した選手達が、落ち込む気持ちを切り替えて懸命になり、翌日に勝ち残った種目のサポートに力を尽くしてくれました。最後まで諦めずに必死になって選手に届けた応援は、会場を飲み込むほどの力強いものでした。まさに、チーム御殿場西として一体となって戦いました。部員全員の頑張りにより獲得した日本一でした。この金メダルは、選手だけではなく、部員全員のものなのです。

応援席1

s-10

最後に、校長先生を始めとする学校関係の皆様、御殿場西高校空手道部の全ての卒業生達、御殿場西高校を応援してくださった全ての方々に心より感謝申し上げます。

これからも御殿場西高校空手道部は進化しつづけ、『感謝の心』を忘れずに次の目標に向かっていきます。みなさん、ありがとうございました。

s-18

s-1

「感謝の心」でインターハイへ

p1000828

いよいよインターハイが近づいてきました。今年のインターハイは8月6日から9日まで長崎県佐世保市で行われます。
大会を目前に控えた選手達の仕上がりは順調。更に自身を高めようと懸命に取り組んでいます。それを支えるサポートメンバーも大会に向けて全力で取り組んでいます。チーム全員の気持ちも結束し、いよいよ大会に向かいます。
大会では一人一人の役割を果たし、目の前の事に全力を注ぎ1つでもこのチームで多くの試合ができまるように、力を出しきろう!ここで、大会を目前に控えた部員の抱負を紹介します。

【男子団体組手】全員空手 敗戦を力に!

p1000846
遠藤功大 「チーム全員の気持ちを一つにし、今までやってきたことに自信を持って戦ってきます。全員空手で勝負します。」

五明宏人 「3年間の集大成として、男女で日本一を取ります。」

竹澤崚  「夢を必ず現実にする。男女アベック日本一を達成します!。」

天池脩真 「メンバーとしての誇りを持ってチームで一つになり日本一を獲得します。そして必ず恩返しをします。」

浅井彦汰 「今までやっきたことを信じ、全員の力で必ず日本一を取ります。」

鈴木滉人 「メンバーとしての自覚を持ち、絶対に勝つという強い気持ちを持って日本一を達成します。」

山本陸  「このチームで戦える最後の試合なので今持っている全てのの力を出し切り、チーム一丸となって絶対に日本一になります。」

【男子個人組手】※写真提供(公財)全国高等学校体育連盟空手道専門部
五明宏人 「悔いのないように恩返しが出来るように日本一を取ります。」

gomyo[1]

天池脩真 「代表としての誇りを持って全力で戦い抜きます。」

amachi[1]

【男子個人形】】※写真提供(公財)全国高等学校体育連盟空手道専門部
田原武豊 「支えてくださった方々に恩返しするために日本一に輝き目標を達成します。」

tahara[1]

掃詰開士 「今まで積み重ねてきた努力を全国のコートで全て出しきって「自分らしさ」を忘れず悔いのないように戦います。」

0078.jpg524

掃詰開士(御殿場西・2年)

 

【女子団体組手】 笑顔・ど根性・プラス思考 みんなで掴もう日本一

p1000857
宮澤瑠伊 「ずっと思い描いてきたものを実現します!」

奥美咲  「みんなの心を一つにしてベストを尽くして日本一を取ります。」

山浦ありさ「夢を夢で終わらせない。チーム一丸となって「全員空手」で自分たちの力を発揮し、日本一になります。」

今井りか 「真のチームワークでチームのために全力で戦っていく!」

笠原舞  「たくさんの事を積み重ねてきたこのチームで日本一を取ります。」

山﨑栞奈 「仲間を信じて心を1つに全員で日本一を掴み取る!」

福田有希 「全員空手で日本一を取る!」

【女子個人組手】】※写真提供(公財)全国高等学校体育連盟空手道専門部
奥美咲  「今までやっきた事を信じ、自分らしく戦い、日本一を取ります。」

oku[1]

【女子個人形】】※写真提供(公財)全国高等学校体育連盟空手道専門部
東海林ゆりあ「仲間と本当の意味で心を一つにし、全員の力で日本一を取ります。感謝の心で最高の演舞を!」

shoji[1]

 

【選手を支える部員達】日本一のサポートメンバーに!

p1000830

城田海舟 「サポートメンバーにも戦いがありそれを制す。日本一を全員で掴み取る。」

高島真人 「全員空手で日本一のサポートメンバーの活動をしてメンバーを日本一にさせる。」

平野竜次 「メンバー、サポートメンバーが一丸となって全員空手で日本一!」

梅山晟也 「自分の役割をしっかり果たし、全員が心を一つにして日本一を取る!」

小野聖人 「怪我の為に共にコートで戦えませんが、部員全員で結束し、御殿場西を日本一にさせる!」

倉島慶人 「完全燃焼」そして「全員で日本一」

住田将  「責任感を持ち、最高のサポートをしてチームの優勝に貢献する。」

本多丞一朗「日本一に向けて、全員が力を合わせて全国制覇を達成する。」

赤坂颯太 「気がついたら積極的に行動する。臨機応変に行動する!」

池上憧汰 「冷静かつ、迅速な行動をする。」

板山琉阿 「気配り!目配り!思いやり!」日本一のサポートメンバーになる。

佐合亮太 「自分に出来ることを全力でやり通して日本一に貢献する。」

城田幸村 「与えられた仕事を全力で行い日本一を皆で達成する!」

釣義稀  「日本一のサポートメンバーになる」

寺本翔太 「自分の仕事を全力で行う!」

三須滋英 「自分の出来ることを最後まで全力で行い、日本一に皆でなる。」

谷沢元輝 「みんなは一人の為に!一人はみんなの為に!」

渡邉剛大 「支えてくれる方々の為に頑張る」

上地葉月 「みんなで心を一つにして全員で日本一を取りに行く!」

浦上聖加 「常に自分のやるべき事を考え、冷静かつ迅速な行動をします。」

古怒田莉万「御西空手道部自覚を持ち、責任を果たす。決勝直後に皆でNO1ポーズをきめて皆で、最高の笑顔になる。監督、コーチを喜ばす。」

馬場由夏 「チームの為になる仕事を常に考えることが出来る日本一のサポートメンバーになります。」

山浦みなみ「全員が心を一つにして皆で日本一を達成し、最高のサポートメンバーになる。」