アジア大会 銅メダル!

第17回アジアジュニア&カデット、U-21空手道選手権大会が、5月11日~13日まで沖縄県立武道館にて開催されました。アジア28の国と地域から約390名が参加し、カデット、ジュニア、アンダー21の3世代で35種目を実施しました。

本校からは岡﨑愛佳が出場し、見事、銅メダルを獲得しました。

<大会詳細>

岡﨑愛佳(2年・タイ代表ジュニア-48㎏級)銅メダル

1回戦 7-2 インドネシア

2回戦 5-1 カザフスタン

準決勝 6-7 日本

3位決定戦 4-0 イラン
  (右から2人目が岡﨑愛佳)

 また、日本選手団は全35種目中、金14、銀5、銅5のメダルを獲得し、この大会で最多獲得数を記録しました。日本選手団の皆さん、大変お疲れ様でした。

 

男女ともV 東海王者に輝く!

DSC02060

この度、第61回東海高等学校総合体育大会空手道競技が6月21日から22日まで愛知県岡崎市総合公園体育館武道場にて行われました。大会では部員全員が力を合わせ総力戦で挑んだ結果、団体組手で男女優勝し、個人戦においても優勝、入賞することができました。応援してくださった方々本当にありがとうございました。感謝いたします。この大会で多くの事を感じ学ぶことが出来ました。インターハイに向けて指導者、部員一同更に精進してまいります。

DSC01846

DSC01973

【大会結果】
(男子団体組手) 優勝(16年連続21回目)
小野聖人 浅井彦汰 住田将 鈴木滉人

佐合亮太 谷沢元輝 山本陸   板山流阿

<写真は男子団体組手 優勝 御殿場西チーム>

 DSC02014

(男子個人組手)
2位 小野聖人 3位 山本 陸

<写真は男子個人組手 二位 小野聖人>

DSC01942

<写真は男子個人組手 三位 山本陸>

DSC01952

<写真は男子個人組手 出場 浅井彦汰>

DSC01915

<写真は男子個人組手 出場 谷沢元輝>

DSC01926

(男子個人形)
優勝 梅山晟也 3位 掃詰開士

<写真は男子個人形 優勝 梅山晟也>

DSC01888

<写真は男子個人形 三位 掃詰開士>

DSC01879

<写真は男子個人形 出場 池上憧汰>

DSC01873

(女子団体組手) 優勝 (13年連続20回目)
今井りか 東海林ゆりあ 笠原 舞 山崎栞奈

古怒田莉万 山浦みなみ 伊藤いぶき 角優里

<写真は女子団体組手 優勝 御殿場西チーム>

 DSC02035

(女子個人組手)
優勝 今井りか 2位 古怒田莉万

<写真は女子個人組手 優勝 今井りか>

DSC01892

 <写真は女子個人組手 二位 古怒田莉万>

DSC01901

<写真は女子個人組手 出場 山浦みなみ>

DSC01948

(女子個人形)
優勝 東海林ゆりあ 三位 伊藤いぶき

<写真は女子個人形 優勝 東海林ゆりあ>

DSC01869

<写真は女子個人形 三位 伊藤いぶき>

DSC01975

優勝祝賀会!

_MG_0888

9月22日(日)さわやかな秋晴れとなったこの日、

平成25年度全国高校総体空手道競技優勝祝賀会が開催されました。

会場となった御殿場高原ホテルには、静岡県体育協会長、静岡県空手道連盟会長をはじめとする大勢の来賓の方々にご来場いただきました。また、昭和63年度から昨年度にわたる卒業生たちや保護者もかけつけ、総勢200名を超える人々で盛大な会となりました。

終始笑顔の絶えない楽しい時間の中、アトラクションでは全国総体での様子を動画やインタビューで振り返って感動の涙を流す場面もあり、思い出深いものとなりました。

空手道部代表挨拶 空手道部長 菊池 基

_MG_0190

 

挨拶をする 女子主将 宮沢瑠伊

_MG_0225

歓談のひとコマ

_MG_0420

 

_MG_0509

_MG_0479

閉会の挨拶をする 空手道部監督 細矢真人

_MG_0709

たくさんの笑顔に囲まれ、部員たちは、いつも応援してくださる方々、支えてくださる方々にあらためて感謝の思いを深めると共に、また新たな目標に向かって頑張る決意を固めました。

これからも、部のシンボルの富士山のように、強く美しい部となるよう頑張ります。

 

シニアナショナルチーム合格!

<須田芳広先輩 ※「写真提供/(公財) 全日本空手道連盟」>

p1001

7月13日(土)全空連ナショナルチームの第3回強化合宿中に「選考会」が実施され、強化委員会の推薦を受けた選手が挑戦し、その中で、平成21年度卒業の須田芳広先輩(国士舘大学4年)が男子組手-67kg級で合格し、見事ナショナルチーム入りしました。おめでとうございます。

須田先輩は高校時代は全国高校総体個人組手優勝。昨年の全日本学生個人選手権準優勝、今年の全日本学生個人選手権は第3位という輝かしい実績を持たれた先輩です。

和歌山選抜に向けて!

大会まで約2週間となりました。ここまで選手達は日々、こつこつと努力を積み重ねてきました。これから大会までの期間が勝負。全ての取り組みの質を高め、更に進化して大会に向かってほしいと思います。

ここで、部員全員に大会に挑む決意を聞きました。

<男子団体組手>

dscf2378

遠藤功大(常にチームを考え、全国制覇する為に全力で勝負していきます。)

五明宏人(昨年の結果を越えられるようにチームで一つになって男女優勝を勝ち取りたいです。)

竹澤崚(この大会では、自分の力を全て発揮し、チーム全員の心を一つにして日本一を達成します。)

天池脩真(チームの代表としての誇りを持って全力で戦い日本一を取りたいです。)

小野聖人(2年生に今まで負担をかけているので自分の全力を出し切り、チームの勝利に貢献したい。)

浅井彦汰(チーム一丸となって今までやってきたことを信じ、日本一という目標を達成したい。)

鈴木滉人(御西魂全開で優勝目指して頑張ります。)

住田将(日々練習してきたことを信じて、チーム一丸となって優勝を目指していきます。)

<男子団体形>

dscf2379

平野竜次(チームリーダーとして2人を引っ張り日本一をとります。)

梅山晟也(気持ちを一つにし、最高の形で日本一をとります。)

掃詰開士(支えて下さった人達の感謝を胸に気迫と平常心のある形で3人の気持ちを一つにして日本一をとります。)

<男子個人組手>

五明宏人(昨年の反省を生かして今大会では心のコントロールをして日本一を取ります。)

dscf2395

遠藤功大(どんなときも強気でベストを尽くし、1試合1試合を大切にしていきます。)

dscf2399

天池脩真(1戦1戦集中して気迫と平常心のコントロールをしていき、勝ち進んで行きたいです。)

dscf2404

浅井彦汰(感謝の気持ちを忘れずに練習の成果を出せるように精一杯頑張りたい。)

dscf2406

<男子個人形>

田原武豊(自分自身の力を全て発揮出来るように準備をしていき、恩返しするために日本一をとります。)

dscf2411

掃詰開士(自分の持ち味の力強さを武器にして周りに感動させる形をうっていきます。)

dscf2417

梅山晟也(自分の力を全て出し切り、悔いのない試合にしていきます。)

dscf2415

<女子団体組手>

dscf2383

宮澤瑠伊(チーム力、人間力あらゆる面で相手を上回り、一丸となって優勝を掴みとります。)

奥美咲(御西魂、チーム御西でベストを尽くし、日本一を達成します。)

山浦ありさ(チーム一丸となり、自分たちが今まで積み重ねてきたことを全て出し切り、全員空手で日本一をとる。)

今井りか(チームの為に自分が出来ることを全力で行いチーム一丸となって日本一をとりたいです。)

笠原舞(チームワークを武器に日本一を目指して頑張ります。)

東海林ゆりあ(チーム力をいかして全員空手で日本一を目指したいと思います。)

山崎栞奈(今までやってきたことを信じて全員の力で日本一を勝ち取り、夢を現実にします。)

<女子団体形>

dscf2385

山浦ありさ(3人の気持ちを1つにして気迫と平常心の両立をし、最高の形をうち、日本一をとる。)

奥美咲(みんなが「最高だった」と言うくらい最高のベストの形をうって日本一を目指します。)

東海林ゆりあ(3人で練習してきた事を出し切り、息の合った形をうちたい。)

<女子個人組手>

山浦ありさ(チームの代表として個人でも自分の力を出し切り、思い切って戦い日本一をとる。)

dscf2387

今井りか(1年生らしく元気に試合に臨んでいき本番は緊張せずに伸び伸びと楽しみたいです。)

dscf2389

<女子個人形>

東海林ゆりあ(去年のインターハイの悔しさをバネに優勝を目指して頑張りたいです。)

dscf2391

<部員から>

城田海舟(出場する選手も出ないものも関係なく、部員全員で戦い、日本一を勝ち取ります。)

高島真人(全員空手で気持ちは一つ、感謝の気持ちを忘れず日本一を必ず掴み取る。)

倉島慶人(メンバーのサポートを全力でやり、同じ気持ちで日本一を勝ち取りたいです。)

本多丞一朗(御西の部員としてやれることは全て出し切り、そして全国優勝という目標を達成したいです。)